健康保険ガイド



健康保険組合とは?

健康保険組合とは、厚生労働大臣の認可を得て設立するもので、政府に代わって事業所に即した健康保険の仕事を運営できる組織であり、正式には「組合管掌健康保険」と呼ばれています。
我々の ”P&Gグループ健康保険組合” も「組合管掌健康保険」であり、日々皆様の実態に即した健康保険運営を行っています。

健康保険組合が構成される組織と運営方法


組合会

組合会は健康保険組合における最高議決機関です。規約・保険料や予算・決算など重要事項を審議決定いたします。組合会のメンバーは事業主が選んだ、「選定議員」と被保険者が選んだ「互選議員」で構成されています。

理事会

理事会は健康保険組合における執行機関です。組合会で決められた様々な事柄について執行します。

監 事

監事は2名で、選定議員・互選議員から各1名ずつ選出されます。健康保険業務や財産状況を監査します。

健康保険料

健康保険組合は、皆様と事業主から収めていただく、健康保険料にて運営されています。この健康保険料率は健康保険組合の場合、財政状況に応じて、30/1000 ~ 95/1000 (平成20年4月からは30/1000 ~ 100/1000) の範囲内で自主的に決めることができます。
※P&Gグループ健康保険組合の保険料率は 69/1000 で運営されています。

保険料と標準報酬月額

健康保険料は、それぞれ一人ひとりの報酬(給与・各種手当・通勤費等)に、保険料率を乗じて決められています。しかし報酬は人によりそれぞれ異なり、保険料や各種給付金を計算しようとしたときには非常に事務手続きが複雑になります。
それをさけるために、各人の報酬額をテーブルに当てはめ(47等級)保険料の徴収額や給付金の給付額を決定しています。
※P&Gグループ健康保険組合の標準報酬月額表はこちら

保険給付

健康保険から行われる保険給付には、病院等で診療を提供する「現物給付」と出産や死亡などの事柄について本人の申請により支払われる「現金給付」とがあります。
※現金給付の一覧はこちらをクリック

保健事業

健康保険においては、皆様の健康の維持増進のために「保健事業」を行っております。”人間ドック”、”婦人科検査”などの各種健康診断をはじめ、安価な家庭用常備薬の斡旋など様々な事業を展開できます。
※保健事業の一覧へはこちらをクリック

Get Adobe Reader

Adobe PDFファイルの閲覧・印刷をするにはAdobe Reader(無料)が必要です。お持ちでない方は、上のアイコンをクリックしてダウンロード・インストールしてください。

ページのトップへ